貸金業務取扱主任者の難易度について

 貸金業務取扱主任者の難易度等に関しましては、
これまでに何度か紹介済みです。

しかし、同じ主任者系・国家資格である宅地建物取
引主任者や、

 管理業務主任者の場合でありましても、実施年度
によって難易度に波がある経緯から、

近年実施された3つの主任者系・国家資格の難易度
と比較対比させながら、

 独自の貸金業務取引主任者・難易度考察シリーズ
を展開させていきます ^-^


 それでは早速お伝えしていきますが、近年の3主
任者・資格の難易度を比較してみますと、

宅建、管理業務主任者の難易度が、貸金主任者より
も高めに感じられました。

 その理由としまして、宅建の場合は以前お伝えし
ました様に、

今年度から「宅地建物取引士」へと昇格しますので、

 平成25年度から民法を中心に、難易度が上昇し
ています。

また、同じ主任者系・国家資格の一角を占める管理
業務主任者に関しましても、

 平成25年度は難易度が上昇したうえに、 個数問
題が12問!も炸裂し、

試験終了後は 壮絶な阿鼻叫喚モードへ突入しており
ました。。

 この様な過酷な事実と比較して、 近年の貸金業務
取扱主任者の場合は、 出題傾向や難易度等に大きな
変動はなく、

「やや民法の出題数が 増加したレベル」となってい
ます。

以下次号






スポンサーサイト



貸金業務取扱主任者の難易度について 2

 次は、貸金業務取扱主任者の難易度を考察して
いく過程でも、

重要となっていく「合格率」に焦点を絞ってお伝
えします。

 今回の第9回・本試験の合格率は24,5%
なっており、

第8回は28,1%、第7回が25,8%という
結末で幕を閉じました。

この様な経緯から、宅地建物取引主任者の合格率
である16%前後、

 管理業務主任者の合格率である20%前後等と
比較してみましても、

近年の貸金業務取扱主任者の合格率である25~
28%
レベルという内容は、

3主任者系・国家資格の中でも、最も甘めの数値
と言えるでしょう。


とは言いましても、 確かに管理業務主任者の場合
は数字的に見れば、 合格率が20%前後という結
末で終始しています。

しかし、管業・受験生の大半が、 既に宅建合格者
であるという過酷な現実を考慮してみれば、

 一般的な資格試験の20%レベルの国家資格より
「レベルは高め」と想定されますので、

実務上の必要性に駆られて挑む、法律の初学者が多
いと想定される貸金業務取扱主任者の場合は、

・「合格率の比較対照」によって難易度を考察して
みましても、

他の主任者系・国家資格と比較して、甘めに感じら
れました。

以下次号


貸金業務取扱主任者の難易度について 3

 続く貸金業務取扱主任者の難易度考察に関しまし
ては、

3つの主任者系・国家資格の合格基準点を、比較対
比させながら展開していきます。

 実際に、近年の宅建の合格基準点は、平成25年
度が33点、平成26年度は32点となっています。

また、管理業務主任者の場合は、 平成25年度が
32点で、

 平成26年度が35点と、 難易度の波が激しい
結末
になっていました。。

ちなみに、貸金業務取扱主任者の場合は、平成25
年度、

続く平成26年度も共に、「30点」という合格基
準点となっており、最も安定した結末で締め括って
います。


 この様な経緯から、 合格基準点だけで宅建と比較
してみれば、

「それほど 大差のない試験内容に映る」とも言える
でしょう。

 しかし、 平成26年度・宅建試験の場合は、これ
まで実施された年度の中でも、

史上最強の難易度! と言う意見も多く、民法に関し
ましては 主任者系・国家資格のレベルを超えていま
した。。

 この様な事実から、 平成22年度~23年度と共
36点!という破格の合格基準点から、

一気に32~33点レベルまで、 急激に下降してい
った結末からも、

・「如何に厳しい試験内容であったのか」 を容易に
推測できる展開だったと言えるでしょう。

以下次号







貸金業務取扱主任者の難易度について 4

 また、 近年の管理業務主任者試験の合格基準点
は緩急が激しく、

明らかな易化傾向であった、平成24年度は37点!
まで上昇し、

続く 平成25年度・本試験に関しましては、 前年
の易化の反動を受けて32点!!まで下降。

そして、昨年の平成26年度の合格基準点は35点
と、

 少しでも難易度が緩めば、7割レベルに到達して
も安心できない過酷さです。。

ちなみに管理業務主任者の場合は、前述どおり受験
生の多くが宅建合格者ですが、

・「上位資格のマンション管理士との併願組み」も
多い理由から、

ある意味、 仕方のない試験展開とも言えるでしょう。。


 この様な事実と比較して、 貸金業務取扱主任者の
合格基準点に関しましては、

最強クラスの難易度が炸裂し、 合格基準点が27点
まで下降した、

 平成22年度・本試験を除けば、 ここ数年は6割
の30点レベルで推移しており、

3主任者系・国家資格中、 最も穏やかな難易度とな
っていました。

以下次号


貸金業務取扱主任者の難易度について 5

 これまで貸金業務取扱主任者、宅建、管理業務主任
者の3主任者系・国家資格の出題傾向や、

合格率、合格基準点等を比較対比させながら、貸金業
務取扱主任者の難易度シリーズを展開させてきました。

そして、これまでお伝えしてきた内容によって、近年
の宅建や管理業務主任者と比べれば、

・「正攻法の独学」が報われる試験形式となっていた
経緯もご理解頂けた事でしょう ^^

とは言いましても、当然、法律の初学者が2~3ヵ月
の独学
で、

 容易に合格可能な難易度レベルには感じられません。。


その理由として、 貸金業法の難易度の高さと長文ラッ
シュ!が挙げられ、

 ある程度・早い段階から 問題演習等のアウトプット
に着手していなければ、

本番では「問題を読むだけで精一杯 ≧◇≦ 」という結
末も明白です。

 また、近年 増加傾向にある民法の難易度に関しまし
ても、

基本に忠実な良問も出題されていますが、 トータルで
は甘くなく、

 過去問の繰り返しメインの「付け焼刃的な独学」
は厳しい出題内容に映りました。。

この様な経緯から、 ネット上で錯綜している「過去問
オンリーの1ヵ月の独学で余裕🎵」


などと言った情報に惑わされる事無く、 堅実な独学で
栄冠を勝ち取って頂きたいと思います ^-^




最新記事
ブログランキング
あなたの1票が
フリーエリア
 生涯学習の ユーキャンでは、 将来役立つ資格や技能から、 楽しい趣味・教養まで100 以上の通信講座を提供しております。
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
プロフィール

独学 極蔵

Author:独学 極蔵
 (どくがく きめぞう)

「貸金業務取扱主任者 独学で合格!」 へようこそ!!

第1回 貸金業務取扱主任者資格試験で独学合格を果たし、

 ・ 貸金業務取扱主任者
 ・ 宅地建物取引主任者
 ・ 管理業務主任者

の主任者系・国家資格の3冠と、

 ・ マンション管理士
 ・ 宅地建物取引主任者
 ・ 管理業務主任者

の不動産系・国家資格の3冠達成の 「独学・W3冠の達成」に成功しました。

 当ブログは、かつて私自身が独学で苦戦していた頃に、

「こんなブログがあれば便利だったろうな」という思いをぶつけて作成しています。

訪問者さんの気分転換や、独学学習の参考になって頂ければ幸いです ^^


※これまで 当ブログに寄せられた総拍手数は 600 を超えました。

実際に私自身、これまでの拍手に励まされてきたことも事実であります。

 しかし、 今回の甚大な震災によって 被災された方々の心情を考慮し、

「しばらく 拍手設定の自粛」を行う経緯をご理解ください。

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード