宅地建物取引士とは

 宅地建物取引士とは、不動産に関する取引の専門家で、

不動産の売買や賃貸等の、重要な契約手続きを取り扱っ
ていきます。

 実際に、国民の「最高レベルの資産」と言っても過言
ではない、

不動産に関する手続きを行う資格ですから、その業務内
容の責任は極めて重いと言えるでしょう。

 そんな宅地建物取引士でありますが、 定番の不動産業
界・以外にも、

様々な分野の業種で活用可能な、非常に優れた国家資格
となっています
 ^-^


 その具体例を幾つか紹介してみますと、 金融機関では
不動産担保ローンなどを取り扱っていく際に、

「抵当権等の不動産に関する法知識」 が必要となってい
きます。

 また、住宅資金の貸し付けとして、 住宅ローンによる
融資も定番の業務内容となっている経緯から、

宅地建物取引士は金融業界でも、 ニーズの高い資格と言
えるでしょう。

以下次号






スポンサーサイト



宅地建物取引士とは 2

 また、宅地建物取引士の学習知識は、サービス業や
飲食店業界等のケースでありましても、

店舗の場所や立地条件が、売り上げに直結していくだ
けに、

不動産に関する知識は、極めて重要になっていくと言
えます。

 また、建設業界の場合でありましても、ダイレクト
に不動産の建築に関わっていく業種であるだけに、

宅地建物取引士を活用していける業界 と言えるでしょ
う ^-^


 そんな宅地建物取引士でありますが、 近年の合格率
に関しましては 16%前後 となっており、

法律系・国家資格の登竜門 と称されている割には、
めの数値
となっていますね。。

 次は、 宅地建物取引士の出題科目についてお伝えし
ていきますが、

貸金業務取扱主任者でも、 重要な攻略科目となってい
民法は、

 宅地建物取引士でも 主要・攻略科目となっています。

また、 民法の出題数に関しましても、 近年の貸金業務
取扱主任者と同レベルになっていますが、

以下次号
















宅地建物取引士とは 3

近年の宅地建物取引士・民法の難易度は高く、 貸金業
務取扱主任者試験とは趣を異にし、

 過去問を中心とした対策では、対応し難い出題が続い
ています。。

この事実は重要で、士業系・国家資格となる以前の宅地
建物取引主任者時代から、

 これだけ変則的な民法が出題されている現実上、今後
の宅地建物取引士・民法の難易度が、

平成24年度・以前のレベルまで緩む可能性は、想定し難
と言えるでしょう。

この様な理由から、民法に関しましては極度な難問・奇
問対策で臨むより、

・「基本~標準問題の取りこぼし」を 極力予防していく
独学スタイルが、

以前にも増して 重要な士業系・国家資格になったと言え
ます。


 次は、 「法令上の制限」に関する分野でありますが、
この分野に関しましては、

都市計画法や建築基準法等、 膨大な暗記を強いられる試
験科目が出題され、

 かつての私も「苦手」としている分野でありました。。

だからこそ!独学合格から10年以上の歳月が経過してい
る今でも、

 「暗記地獄の壮絶な記憶」 が甦って来る試験科目と言
えますね。。

以下次号


宅地建物取引士とは 4

しかし、 宅地建物取引士の「法令上の制限」で出題
される都市計画法や建築基準法等は、

管理業務主任者やマンション管理士でも出題されてい
きますので、

 管業とのダブル、若しくはマンション管理士を加え
た3冠達成を目指す受験生であれば、

今回苦しんでマスターしておけば、後で楽になる試験
範囲
とも言えます。

ちなみに貸金業務取扱主任者では、都市計画法と建築
基準法の何れも出題分野にはなっておりません ^-^


 次の宅地建物取引士の試験科目は宅建業法となりま
すが、

20問・出題され、難易度的にも得点し易い分野となっ
ている経緯から、

「限りなく満点🎵」 を目指して臨まなければならない
科目と言えるでしょう。

実際に宅地建物取引士の場合は、 前半戦と中盤に民法
と法令上の制限と言う手強い分野が控えていますので、

 宅建業法の安易な取りこぼしは厳禁! とも言えます。

また、 近年の出題傾向である「個数問題」にも対応で
きるよう、

インプットと アウトプットのバランスを考慮した、丁
寧な独学で仕上げて頂きたい分野となっています。

以下次号



宅地建物取引士とは 5

 宅地建物取引士に出題される「その他の分野」に関
しましては、

土地建物に関する税金や地価公示法、住宅金融支援機
構、

 不当景品類及び不当表示防止法、統計、土地、建物
となっています。

これらの分野に関しましては、 税法以外は毎年・1問
程度
の出題となっており、

全ての科目をパーフェクトに抑える独学よりも、ある
程度は取捨選択し、


主要・攻略科目である民法や法令上の制限、宅建業法
の3つの分野で、

 大量得点を目指していく独学スタイルが有効となり
ます ^^


とは言いましても... 近年は権利関係の民法の難易度が
高まり、

1点の重み!が増している試験形式となっていますので、

「以前よりも軽視できない分野」になっていると言える
でしょう。

 そこで、比較的早い時期に過去問等でアウトプットを
実践し、

 あなた自身と、その他の分野の相性を確認したうえで、
取捨選択の重要度・ランキングを設定し、

「効率的に上位の科目を仕上げていく独学」が有効にな
ると言えますね ^-^




最新記事
ブログランキング
あなたの1票が
フリーエリア
 生涯学習の ユーキャンでは、 将来役立つ資格や技能から、 楽しい趣味・教養まで100 以上の通信講座を提供しております。
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
プロフィール

独学 極蔵

Author:独学 極蔵
 (どくがく きめぞう)

「貸金業務取扱主任者 独学で合格!」 へようこそ!!

第1回 貸金業務取扱主任者資格試験で独学合格を果たし、

 ・ 貸金業務取扱主任者
 ・ 宅地建物取引主任者
 ・ 管理業務主任者

の主任者系・国家資格の3冠と、

 ・ マンション管理士
 ・ 宅地建物取引主任者
 ・ 管理業務主任者

の不動産系・国家資格の3冠達成の 「独学・W3冠の達成」に成功しました。

 当ブログは、かつて私自身が独学で苦戦していた頃に、

「こんなブログがあれば便利だったろうな」という思いをぶつけて作成しています。

訪問者さんの気分転換や、独学学習の参考になって頂ければ幸いです ^^


※これまで 当ブログに寄せられた総拍手数は 600 を超えました。

実際に私自身、これまでの拍手に励まされてきたことも事実であります。

 しかし、 今回の甚大な震災によって 被災された方々の心情を考慮し、

「しばらく 拍手設定の自粛」を行う経緯をご理解ください。

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード