独学攻略は可能なのか?第2回・貸金業務取扱主任者2

当ブログは、あくまで貸金業務取扱主任者の、独学合格
を目指している方々を対象に作成されておりますが、

訪問者さんの中には、自分の将来や家族のためにも、何
としてでも今年中に、貸金業務取扱主任者に合格しなけ
ればならない立場の方も、数多くおられることでしょう。

また、独学で第1回目の貸金業務取扱主任者を受験して
はみたものの、

予想以上に難しく、教育機関の活用を検討している方や、

これから新規で受験を決意したものの、独学か通学か迷
っている方々も訪問しているはずです。

このような理由から、本来であれば

 「貸金業務取扱主任者 独学で合格!」

というタイトルにも表現されている、私のブログの運営趣旨
に反する内容でもありますが、

私自身のつまらない「こだわり」や「プライド」を捨て去る
ことによって、訪問者さんのお役に立てるのであればと、

あえて禁断の「封印」を破り、かつての私自身の資格予備校
通学経験をもとに、

「資格予備校では、どのようなカリキュラムや学習スタイル
が組まれているのか?」

「それとも今のままの、独学学習で第2回 貸金業務取扱主任
者に対応が可能なのか?」

等、独学者の素直な疑問に応える形での、情報提供を決意
した次第です。

やはり当ブログは独学攻略ブログですから、独学学習と資格
予備校の学習スタイルを対比させ、より

 「独学メソッドの効率化」

を計っていくとともに、

独学を志している方、通学を検討している方、双方にメリット
のある内容に仕上げていく予定です。

是非とも限られた、年内の残り2回のチャンスを、決して無駄
なく活用して欲しい!という私の思いからスタートする

 「独学」は「毒学」か?シリーズ

現段階では、記事の作成にかなり苦戦しておりますが、第2回
の貸金業務取扱主任者 本試験が迫ってきている今、封印を
解いた、極蔵の渾身のシリーズがスタートしていきます。

以下次号

 ■更新後記

いつも拍手、有り難うございます ^^
確かに当ブログは、「独学攻略・専門のブログ」
でありますが、

訪問者さんの「合格の一助」になるのであればと、
あえて教育機関に関する情報も、公開してみるこ
とに決めました。


スポンサーサイト



「独学」は「毒学」か?(1)貸金業務取扱主任者受験

「独学は毒学」という表現は、資格受験の世界でもよく話題
となる議論ですよね。

また、かつて資格受験の「ある独学の有名・大家」が
「独学は毒学」という表現に激怒していた内容と、

「資格予備校や専門学校には、絶対に通学してはならない!
単なる金の無駄遣いだ!!」

と唱えていた事実も、ある記事で目にした記憶があります。

では、実際に

 「貸金業務取扱主任者 独学で合格!」

というブログも更新している、もろに「独学派」の私自身は、
どのような見解を抱いているのでしょうか?

 結論から申しますと、

私自身は「独学=毒学」の肯定者でも否定者でもありません。

つまり、独学は本人次第で「毒」にも「薬」にもなるという
ことです。

また、実際に完全独学で第1回 貸金業務取扱主任者 本試験
に挑んだ感想としましては、

 「独学では厳しい資格試験だった」

というのが、素直な感想です。

実際に、資格受験経験が豊富な方々でも、独学で7割を超え
られなかった方々が結構いたようです。

ましてや、大してこのような現実を把握していない、まとも
な資格・受験経験や学習経験の存在していない受験生が、

軽はずみに独学で、貸金業務取扱主任者に挑んでいけば、
どのような結末を迎えてしまうのか、私には手に取るように
分かってしまった独学受験ともいえました。

そこで、このまま見殺しにはできないと、本来の趣旨に反し
て資格予備校や専門学校等につきましても、情報を提供し
ていこうと決意した所存なのです。

まぁ、資格予備校といいましても、かなり以前にトータルで
半年位通ったか、通わなかったか、程度の通学歴なので
すが、

それでも、いくつかの資格試験に合格できたのは事実なん
ですよ ^^

何の資格受験で資格予備校に通ったのか?また講義の内
容は?講師の教え方は?独学との違いは?等、

訪問者さんの気になる内容につきましては、次号から徐々に
紹介してまいります。

以下次号

 ■更新後記

いつも拍手、有り難うございます ^^
今回、このシリーズが誕生した理由は、

いつも拍手を送ってくださる訪問者さんに
対しましての、極蔵からの「感謝の気持ち」
です ^^


「独学」は「毒学」か?(2)資格予備校&専門学校

実際に私自身、

 「貸金業務取扱主任者 独学で合格!」

というブログの冒頭で公表している、宅地建物取引主任者
や管理業務主任者、2級FP技能士などの国家資格には、
勿論「独学で合格」していますが、

かつて某資格予備校に通って「簿記」の講座を受講し、いく
つか簿記の資格に合格していることも事実です。

私は元来控えめな男ですから(笑)、今まで黙ってたんです
けどね(^о^)

その時、実際に某資格予備校で「簿記」を学んだ経験としま
しては、一言でいえば

 「通学して良かった♪」

と、今でも思っています。

やはり全国でも、ある程度有名な資格予備校、専門学校とも
なってまいりますと、

その講義内容は当然として、講師自身も熱意と情熱に溢れた、
素晴らしい方々が多いように感じました。

実際に私が通っていた資格予備校では、実に内容の濃い充実
した講義を終えた後になっても、

「よく理解できなかったところは、いつでも何度でも聞いて
ください!」

「せっかく学校に払ったお金を、是非とも無駄にしないでくだ
さい!」

と、今思い出しても実に素晴らしい講師だったと思います ^^

それは、独学の大きな弱点となっている、

 「質問できる講師がいない」

というデメリットとは、対極をなしている世界ともいえるのです。

 これって、結構大きいですよね。。

しかし、「資格予備校のメリット」は、これ以外にもまだ存在
しています。

以下次号

 ■更新後記

いつも拍手、有り難うございます ^^
日頃拍手を送って、暖かい励ましを与えて
くださる訪問者さんに、

「感謝の気持ち」を込めてスタートした
今回のシリーズですが、驚異の資格予備校
カリキュラムはまだ続くのです。


「独学」は「毒学」か?(3)資格予備校の実用性

また、そのような素晴らしい講師のもとで、実戦形式で
「資格受験の攻略法」を学んだ当時の経験は、今の私にとり
ましても、

 「重要な独学のセオリーの1つ」

になっているといえます。

それと実際に、資格予備校や専門学校に通うことによって、
「一緒に学ぶ仲間」もできますし、

わからない問題なども、どんどん講師に質問していけるのも
「通学の大きな実用性の1つ」といえるでしょう。

また、このとき簿記を学んだ経験が、独学で合格した

 「2級FP技能士の実技試験」

で、大いに役立っていたことも事実です。

それと、当時私が通っていた資格予備校では、常に講義の前に

 「小テスト」

的な問題演習がありまして、

その小テストが実に、「学んだ知識の定着化」に役立っていた
記憶が、今でも鮮明に甦ります。

実際に一定期間、独学を継続していきますと、本当は大して
理解していなくとも、テキストや問題集を繰り返していく過程
によって、

 「理解しているつもり」

となってしまう「自己満足的な経験」は、誰にでもあるので
はないでしょうか?

 当然、私自身も、そのような経験は何度も体験しています。

しかし、そのような現実に気付くことのない状態で、

 「実戦である本試験」

に挑んでしまえば、どのような結末になってしまうのかは目
に見えています。

 これって、ある意味「恋愛」も同じですね ^^

ましてや、ある程度のレベルの国家試験ともなってきますと、
このような「小さなミス」が致命傷となってしまいます。

以下次号

 ■更新後記

いつも拍手、有り難うございます ^^
本来は、ずっと「独学に関する記事」を書き綴っていく
予定だったのですが、

いつも暖かい励ましを与えてくださる訪問者さんに、
「役立つ情報を出し惜しみ」したくはなかったのです ^^

独学合格を目指す方、通学を検討している方、双方
の参考となるような内容を心掛けています。


「独学」は「毒学」か?(4)資格予備校の驚異

結局、ある程度のレベルの資格試験に「独学」で挑戦してい
くとなりますと、

やはり重要となっていくのは、

 「的確な自己管理能力」と「強靭な意志」

の2点を挙げたいと私は思います。

実際に資格予備校や専門学校に通っていれば、当然のこと
ですが、その学校が長年にわたって、

独自に研究・開発してきた、実績のあるテキストと問題集を
自動的に使用していきます。

また、講義内容が理解できなかったのであれば、当然です
が何度でも、理解できるまで質問できるのです。

また、「法改正」や「出題範囲の変更」などがあれば、その
改正点を重点的に講義してもらえるでしょうし、

直前期ともなれば、わざわざ自分で直前予想問題集を購入
しなくとも、直前予想模擬試験を実施してくれるのです。

 しかも、「数回にわたって」ですよ。

このとき、「濃密な解説」を加えた講義をみっちり行い、
順位やウィークポイントの確認、更に理解できなかった問題
も質問できる!

 はっきりいって、「至れり尽くせり」ですよね。

まぁ、当然「それなりのお金」を払っているからこそ、そこ
まで丁寧に教えてもらえるわけですが...

さて、実際にかつて某資格学校で「簿記」を学んだ経験者で、

今は「独学派」の私から、恐るべき資格予備校の実態を語ら
せて頂きました(笑)

第2回の貸金業務取扱主任者に独学で挑もうか、或いは教
育機関を活用して挑もうか、悩んでいる訪問者さんの参考と
なったでしょうか?

以下次号

 ■更新後記

いつも拍手、有り難うございます ^^
これまで資格予備校のカリキュラムについて、
端的にではありますが、紹介してまいりました。

はっきりいって、驚異ですよね(笑)
しかし、これらの現実を知っておくことは、独学者
の方々にとりましても、決して無駄にはなりません。

何故ならば、中国の兵法家・孫子の説いている
 「敵を知って己を知るは、百戦危うからず」
という格言は、資格受験にもあてはまっていく
「貴重な真理」だからです。


最新記事
ブログランキング
あなたの1票が
フリーエリア
 生涯学習の ユーキャンでは、 将来役立つ資格や技能から、 楽しい趣味・教養まで100 以上の通信講座を提供しております。
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
プロフィール

独学 極蔵

Author:独学 極蔵
 (どくがく きめぞう)

「貸金業務取扱主任者 独学で合格!」 へようこそ!!

第1回 貸金業務取扱主任者資格試験で独学合格を果たし、

 ・ 貸金業務取扱主任者
 ・ 宅地建物取引主任者
 ・ 管理業務主任者

の主任者系・国家資格の3冠と、

 ・ マンション管理士
 ・ 宅地建物取引主任者
 ・ 管理業務主任者

の不動産系・国家資格の3冠達成の 「独学・W3冠の達成」に成功しました。

 当ブログは、かつて私自身が独学で苦戦していた頃に、

「こんなブログがあれば便利だったろうな」という思いをぶつけて作成しています。

訪問者さんの気分転換や、独学学習の参考になって頂ければ幸いです ^^


※これまで 当ブログに寄せられた総拍手数は 600 を超えました。

実際に私自身、これまでの拍手に励まされてきたことも事実であります。

 しかし、 今回の甚大な震災によって 被災された方々の心情を考慮し、

「しばらく 拍手設定の自粛」を行う経緯をご理解ください。

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード