FP技能士と貸金業務取扱主任者 1

  当ブログで、 私の保有資格である

FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)
に関する内容を、

 以前から紹介したい と思っていたの
ですが、

 なかなかタイミングが合わずに、今日ま
で至りました ^^


実際に、金融系への就職を目指している
方々の場合であれば、

 FP技能士と貸金業務取扱主任者の、

どちらの資格 を取得したケースが有効
なのか?迷っている方も多いようですね。

 そこで、具体的な学習内容から難易度、
実務での活用面など、

一般の方々には、何かと理解しづらい点
も多いと思いますので、

 両資格を保有している私の観点から、

FP技能士と貸金業務取扱主任者に関す
る内容を、

  比較・対照させて、 お伝えしていこうと
思います ^^

以下次号


スポンサーサイト

FP技能士と貸金業務取扱主任者 2

 それでは、FP技能士と貸金業務取扱主
任者・シリーズを展開させていきますが、

まずはFP技能士 (ファイナンシャル・プラ
ンナー)に関する内容からお伝えしていき
ます ^^

  実際に私自身、 FP技能士はわざわざ
3級 から受験しています。

その理由は 「2級の受験資格」 を得るた
めでした。


 当時は、 既に全経・簿記1級や 宅地建
物取引主任者などの資格を保有していた
経緯から、

  何で今更3級を受けなければならな
いのか?


と、若干の葛藤を抱きながらの独学スター
トとなりました。

 しかし、日増しにFP技能士の学習内容
の実用性と有効性
に、 非常に驚いた記
憶が甦ります。

 実際に、一言でファイナンシャル・プラン
ナーといいましても、

 金融、不動産、税金、保険、年金、相続、

ローン、資産運用、 資産設計など実生活
に密着した、

  非常に実用的で、即戦的な知識

が学べる優れた内容構成となっています ^^

以下次号


FP技能士と貸金業務取扱主任者 3

前回の内容では FP技能士(ファイナンシ
ャル・プランナー)で学べる内容が、

 金融、不動産、税金、保険、年金、相続、

ローン、資産運用、 資産設計などの優れ
た構成になっているとお伝えしました。

 このような理由から、 金融業界 や 証券、
不動産業界、

保険業界などでは、FP技能士の取得を奨
励しているケースも多く、

 合格していれば、これらの業界の就職活
動には 有利になっていく資格といえます。

また、 社会保険労務士との組み合わせも
良いといえますので、 併せ持っている方も
多いようです ^^


 しかし、そんなFP技能士ではありますが、
貸金業務取扱主任者・試験とは異なり、

3級の試験 でありましても、 学科と実技
にわかれていて、

 「非常に実用的な資格試験」 となっては
おりますが、

結構ボリュームのある試験内容 になっ
ています。

 ちなみに、 私は1ヵ月の独学で3級に挑
んでいますが、

後半戦の実技で苦戦し、 辛勝した記憶が
甦ります。。

 結局その後、 ある知人に聞いた話では、

宅地建物取引主任者の有資格者でありま
しても、

 3級の実技試験で、 苦杯を舐めさせられ
た方もいるらしく、

「油断は大敵の資格!」 ともいえるでし
ょう。

以下次号


最新記事
ブログランキング
あなたの1票が
フリーエリア
 生涯学習の ユーキャンでは、 将来役立つ資格や技能から、 楽しい趣味・教養まで100 以上の通信講座を提供しております。
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
プロフィール

独学 極蔵

Author:独学 極蔵
 (どくがく きめぞう)

「貸金業務取扱主任者 独学で合格!」 へようこそ!!

第1回 貸金業務取扱主任者資格試験で独学合格を果たし、

 ・ 貸金業務取扱主任者
 ・ 宅地建物取引主任者
 ・ 管理業務主任者

の主任者系・国家資格の3冠と、

 ・ マンション管理士
 ・ 宅地建物取引主任者
 ・ 管理業務主任者

の不動産系・国家資格の3冠達成の 「独学・W3冠の達成」に成功しました。

 当ブログは、かつて私自身が独学で苦戦していた頃に、

「こんなブログがあれば便利だったろうな」という思いをぶつけて作成しています。

訪問者さんの気分転換や、独学学習の参考になって頂ければ幸いです ^^


※これまで 当ブログに寄せられた総拍手数は 600 を超えました。

実際に私自身、これまでの拍手に励まされてきたことも事実であります。

 しかし、 今回の甚大な震災によって 被災された方々の心情を考慮し、

「しばらく 拍手設定の自粛」を行う経緯をご理解ください。

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード