近年の貸金業務取扱主任者の難易度について 2

 続きまして、これまでに実施された貸金業務取扱主任者と、

宅地建物取引士の合格ラインを比較対比させながら難易度を
考察してみたいと思います ^-^

実際に士業系国家資格への昇格が目前となった平成26年度の
宅建試験の難易度は高く、

当時は宅建史上最強の難易度!と騒然になり、民法に関して
も主任者系・国家資格のレベルを超えていました。。


 この様な事実から、平成22年度~23年度と共に36点!
という破格の高合格基準点から、

一気に32点まで急激に下降していった結末からも「如何に
厳しい試験内容であったのか」
を容易に推測できる展開だっ
たと言えるでしょう。

 この様な事実と比較して、近年の貸金業務取扱主任者試験
の場合は常に30点レベルの合格ラインで安定しており、

法律系・国家資格の要となっていく民法の難易度に関しまし
ても、

異様に難化した第6回試験を除けば、 それほど厳しい難易度
とはなっておらず、

過去問攻略を中心とした正攻法の独学によって、結果を出せ
る出題構成となっていましたね。

以下次号



スポンサーサイト



最新記事
ブログランキング
あなたの1票が
フリーエリア
 生涯学習の ユーキャンでは、 将来役立つ資格や技能から、 楽しい趣味・教養まで100 以上の通信講座を提供しております。
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
プロフィール

独学 極蔵

Author:独学 極蔵
 (どくがく きめぞう)

「貸金業務取扱主任者 独学で合格!」 へようこそ!!

第1回 貸金業務取扱主任者資格試験で独学合格を果たし、

 ・ 貸金業務取扱主任者
 ・ 宅地建物取引主任者
 ・ 管理業務主任者

の主任者系・国家資格の3冠と、

 ・ マンション管理士
 ・ 宅地建物取引主任者
 ・ 管理業務主任者

の不動産系・国家資格の3冠達成の 「独学・W3冠の達成」に成功しました。

 当ブログは、かつて私自身が独学で苦戦していた頃に、

「こんなブログがあれば便利だったろうな」という思いをぶつけて作成しています。

訪問者さんの気分転換や、独学学習の参考になって頂ければ幸いです ^^


※これまで 当ブログに寄せられた総拍手数は 600 を超えました。

実際に私自身、これまでの拍手に励まされてきたことも事実であります。

 しかし、 今回の甚大な震災によって 被災された方々の心情を考慮し、

「しばらく 拍手設定の自粛」を行う経緯をご理解ください。

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード