3冠主任者の民法(1)貸金業務取扱主任者

 平成26年度 貸金業務取扱主任者試験まで
4ヵ月以上の月日がありますが、

かつての私の様に、民法を苦手としている受験
生は多いでしょう。

 そこで、独自に貸金業務取扱主任者・民法の
出題傾向を分析し、

「頻出分野の基本事項の確認」 として、 3冠主
任者の民法シリーズを展開させていきます ^-^


【 チェック問題 】次の 保証契約 に関する記述が
適切な内容か、否か?を 「 ○ 」 か 「 × 」かで
答えてください。

1.1つの主たる債務を、3人の連帯保証人が共同
  して保証している場合、各連帯保証人は主たる
  債務の3分の1に相当する額についてのみ保証
  債務を負う。

2.保証人は、催告の抗弁権及び検索の抗弁権を
  有する。しかし、連帯保証人は催告の抗弁権を
  有しないが、検索の抗弁権のみを有する。


    ■ 3冠主任者の民法・保証契約

 まずは、チェック問題1.についてでありますが、

連帯保証人には 「分別の利益」 がありません。

一般的な観点からしますと、3人で連帯保証して
いる訳ですから、 保証額も1/3で済むのでは?

 と思われがちですが、 連帯保証人の場合は、
そうではありません。

つまり、 例え3人で1000万円の連帯保証人と
なったとしましても、

そのうちの1人に対して、「1000万円全額!」
の請求が可能となってしまう、

「極めてデンジャラスな保証」を意味しており
ますので、不適切な内容となります。(×)


 次は、チェック問題2.ですがこちらは保証人と、

連帯保証人の 「決定的な違い」 となる催告の
抗弁権と、

 検索の抗弁権の 「有無」 を問うている出題
内容となっています。

    ちなみに、 「催告の抗弁権」 とは、

債権者が主たる債務者に請求せず、直接債務
の履行を請求してきたとき、

「まずは、主たる債務者に催告してください」 と
債務の履行を拒める抗弁権を意味しています。

    また、 「検索の抗弁権」 とは、

「まずは、主たる債務者の財産に執行してくだ
 さい」 と、主張できる抗弁権となっています。

こういった抗弁権は、 保証人には有しておりま
すが、

 連帯保証人には、 「いずれの抗弁権」 も
有しておりません
ので、 不適切な内容となっ
ています。(×)

以下次号


スポンサーサイト



最新記事
ブログランキング
あなたの1票が
フリーエリア
 生涯学習の ユーキャンでは、 将来役立つ資格や技能から、 楽しい趣味・教養まで100 以上の通信講座を提供しております。
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
プロフィール

独学 極蔵

Author:独学 極蔵
 (どくがく きめぞう)

「貸金業務取扱主任者 独学で合格!」 へようこそ!!

第1回 貸金業務取扱主任者資格試験で独学合格を果たし、

 ・ 貸金業務取扱主任者
 ・ 宅地建物取引主任者
 ・ 管理業務主任者

の主任者系・国家資格の3冠と、

 ・ マンション管理士
 ・ 宅地建物取引主任者
 ・ 管理業務主任者

の不動産系・国家資格の3冠達成の 「独学・W3冠の達成」に成功しました。

 当ブログは、かつて私自身が独学で苦戦していた頃に、

「こんなブログがあれば便利だったろうな」という思いをぶつけて作成しています。

訪問者さんの気分転換や、独学学習の参考になって頂ければ幸いです ^^


※これまで 当ブログに寄せられた総拍手数は 600 を超えました。

実際に私自身、これまでの拍手に励まされてきたことも事実であります。

 しかし、 今回の甚大な震災によって 被災された方々の心情を考慮し、

「しばらく 拍手設定の自粛」を行う経緯をご理解ください。

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード